top of page

VWのDSGが。。。。

おはようございます。今日も曇ってますよ

なんだかピットが混んでいますよ。

ありがたいです。が、逃げ出したい気もします 笑

VWのDSGなんですけどDSGってまぁATの事です。

オーバーヒートって警告が出たみたいで走りもおかしい

厄介ですよぉ~~

で、点検してDSGのオイルを交換してみようとオイルを抜いたら。。。。。

。。。。。カフェオレみたいなオイルが出て行きました。。。。

水と混ざってしまってます。普通でいったら修理代でそれなりの軽の中古車買えます。

で、まずは水と混ざった原因を探します。

DSGにもオイルを冷やす水冷式のクーラーが付いております。

そこで混ざるしかないなぁ~と思いクーラー外します。

これが外したクーラー。上のパイプの2本がクーラントの出入り口です。

DSGのオイルは底面に穴が出入口があります。この中でクーラントがオイルに混ざってしまってるんです。気密テストしたら見事にダメでした。

分かりにくいですが交換しました。外して出来るだけ古いオイル吸い取って

エレメントも交換しました。

ラジエターの冷却水も抜き取りました。冷却水の方にはあまりオイルが回っていなかったです。

今回はオーナーさんと相談して1度やってみよう的な修理をしております。

まだ、どうなるか分かりませんが出来る限りやってみます~

続きます~~~
















閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page