top of page

車内の作り方。

おはようございます。今日は曇っておりますよ。雨絵降らないみたいですが~

明日は金曜日なのでお店お休みですが朝からちょっとした仕事で

京都に行くのでBLOGもお休みさせてもらうと思います~。

ごめんなさいです~

昨日は店のマーチの外装でしたので

内装の事をサラッと

シートは、バケットタイプです。長距離走ってもサーキット走っても楽なんですよ~

運転姿勢が変わりにくいので長距離運転しても車から降りた時の疲れが違いますよ

セミバケでもオッケーです。

マーチの場合、車高を下げて足廻りを固めるとギャップなどを越えた時、

ノーマルシートではスポンジが柔らかすぎてシート自体が跳ねて収まりが悪く乗り心地が悪くなってしまいます。シートだけがいつまでもポヨポヨ上下に動いてる感じです。

これを、バケットやセミバケにする事で車の動きと同調出来ます。

だから乗り心地も良くなるのです~

シートポジションも低くなるようにシートレールを加工して付けています。

もちろん、体格にも寄りますが低くした方が目線も低くなるので安心感も出ますし

車の動きも分かりやすくなりますし、なにより格好良いです 笑

シート位置に合わせてハンドルの位置も決めております。シート位置はペダルが操作しやすい位置にしてそこからハンドルの操作がしやすい位置に高さや前後を決めます。

そして、シフトの位置を加工して持ってきます。シフトも上に伸ばしたらストロークが多くなるのでその分、ストロークをショート化してます。

これは、お客さんのマーチを作る時も大事にしてる所で予算に応じて出来る所まで

やっていきます。

運転してる上で一番身体に触れて全ての動作に欠かせないところなので

これをしっかり作ると運転席が一番落ち着いて一番ワクワクも出来る場所になります~

なんか良い。なんかしっくりくる車ってここのバランスが自分に合ってる車なんです。

その気にさしてくれる車を作るには大事なんですよ~~

シートもハンドルもただ交換したら良いんじゃなくてそこから自分に合った

セッティングをすれば、さらに良い物になりますよぉ~~~!!


今日は以上です~~~












閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page